桜便り


今週は、兼ねてからの予定通り
息子と二人、
佐世保の実家に帰省しています。
(避難したのでなく、帰省です!
ここでも、言い訳しておこう)


郡山の最高気温が最低気温なくらい
こちらは温かく

庭の桜も、一気に開花
六部咲き程になりました。

いつも、のんびりあったかい故郷ですが
今回は、更に一層キョーレツにお気楽に感じました

震災後、街の至るところに傷跡ののこる郡山との
ギャップは激しすぎる・・・


しかも、原発の脅威に脅かされた二週間を過ごしたあとは、
外の人の心配する言葉にも、
腹が立つほどの温度差・・・


デモね、もし逆の立場だったら・・・


私だって、自分の身に降り掛かったからこそ
原発関連、相当勉強したし
ちょっとでも安心するために、
ニュースや会見も
最後まで、一言も漏らさず聴こうとする。

不安を煽る、感情をこめた民放キャスターより
冷静で、ただ淡々と事実を報告してくれる
NHKのニュースを見る


だから、「ただちに」の
言葉の意味も説明できるし、不必要に不安になったりしないよ〜ん


だけど、だけどね
当事者じゃなかったら
人の話は、前半しかきかないし
なんかよくわからないけど
危険なんでしょ!
早く逃げなさい

子どものために、こっちに転入しなさい!


というと、思うな。。。


被災してないヒト達には、普段の忙しい生活があるんだもの
そんな、原子力なんて
難しいもの、詳しく理解してる暇なんてないのが
当たり前。

自分の身内だけでも
無事でいてほしいのも
正直なところだよね


だからといって、
黙ってる私じゃないから
現時点では、郡山から逃げる必要はないし、
そんなつもり、ありません。と、
キッパリ反論するし
誤解を解くために、
日々のニュースも真剣に聞いてるよ!



ひとつの物事を
様々な立場からみる
いい経験です。


でも、どっちかというと
今の状態なら、郡山で
みんなとエール交わしている方が、
気が楽なのは確か・・・


元気な顔も見せたし
週末には、戻りまぁす



おはなし会の企画もたっているし!
田舎で気分転換させてもらった分
張り切っちゃうよ〜!
  

QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
オーナーへメッセージ
< 2011年04>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30