クリスマスの絵本



アドベントカードの窓も残りわずか・・・
(忘年会では、プレゼント交換会だし・・・・
 ひとり出遅れてるし・・・)


もうすぐクリスマスなんだ~・・・

というわけで、
私の大好きなクリスマス絵本のご紹介 



「ちいさなろば」 ルース・エインズワース作
         酒井 信義 絵
         石井 桃子 訳


確か、2年前にも紹介したかもしれません


息子が幼稚園で読んでもらって
珍しく、
「ロバが出てきて~、サンタさんのお手伝いをする話
 お母さん読んで~」
と、リクエストしてきた絵本

そんなことめったになかったので
慌てて先生に問い合わせて 購入した思い出の本


・・・うちの息子ちゃん 時々 こうやってヒットを飛ばしてくれます。


絵も、ストーリーも クリスマスにしては地味かも~?
だけど、わたしも すご~く心があったかくなったし、
静かな夜に、しっとりと読みたい本です。

2年前の自宅お話し会でも
子どもたちを、ぐぐっと引き付ける魅力がありました。

作者の、エインズワースの 物語る力と、
酒井信義さんの 静かであったかい絵
石井桃子さんの 耳に心地よい素晴らしい訳
ですからね まちがいありませんっ!
(私好みという点で^^;)

幼稚園年長さんぐらいから(ちょっと長いからね^^;)
大人まで楽しめる クリスマスの物語




おすすめです^^


  

QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
オーナーへメッセージ
< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31